×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
  • 「髪は女性の命」とよく言われます。 「美人だな」という印象を与える人は、必ずと言っていいほど髪がキレイですよね。 キレイな髪は、キレイな肌よりも、オシャレな服よりも、何よりもルックスに影響を与えるものです。 しかし、意外と知られていないことが、キレイな髪は、キレイな肌よりも、オシャレな服よりも、実は簡単に手に入れることができるのです。 ここでは、普段のお手入れを少しだけ工夫することにより、髪をきれいにする基礎知識についてお話します。

■ 髪をキレイにするシャンプーの仕方

  • 「美しい髪=トリートメントが重要」 と思っている方が、意外に多いのではないでしょうか。
    しかし、その考え方は今日から改めてください。
    美しい髪作りの基本は、正しいシャンプーから始まります。
    美しい髪を作るシャンプーのコツは、強いアルコール系のものは使わず、 洗浄力が弱く髪に優しい「ベタイン系」や「アミノ酸系」のものを使用するといいでしょう。

    洗い方は、
    1、十分にお湯で予洗いをして
    2、こすらず
    3、マッサージをしながら洗う。

    この3つがポイントです。
    マッサージをすることにより、頭皮の脂がしっかり取れ血行がよくなり、美しい髪が育ちやすい頭皮になります。

    ●シャンプーの手順
    それでは次に、美しい髪にするためのシャンプー手順を説明します。

    頭髪 - Wikipedia
    頭髪(とうはつ)は、ヒトの頭部に生える毛である。毛髪(もうはつ)、髪の毛(かみのけ)、また単に髪(かみ)ともいう。

    美髪 - NAVER まとめ
    美髪に関する「NAVERまとめ」が集約されたページ。美髪で今話題のまとめが簡単に見つかります。

    「美髪」に関するまとめ|MERY [メリー]
    私たちの永遠の憧れ、美髪に関するまとめを集めました。 美髪の基本のシャンプー選びから、お風呂でのケア方法、UVケアなど読んで得する情報がまとめられています? これで美髪になれること間違いなし!

    髪の傷みケア~美髪になれる3つのポイント
    髪の傷みを防ぎ、美髪になれる3つのポイントとは? ダメージヘアの原因から、日々のヘアケアまで、徹底的に教えます!

    ①あらかじめブラシで髪をとかす

    髪を濡らす前に、あらかじめ目の粗いブラシで髪をよくとかしておき、髪のもつれを取り、ホコリ等を落とします。
    ちなみに、髪が濡れてからこの作業を行うと、濡れた髪は傷つきやすいので傷みます。
    必ず濡らす前に行ってください。
    なお、ブラシは頭のてっぺんからとかしても、髪がもつれないくらい目の粗いものを使用してください。

    ・お薦めヘアブラシ→http://urx.nu/epiR

    ②お湯で髪を予洗いする
    シャワーヘッドを地肌につけて、地肌からしっかりと流します。
    地肌をしっかり流すことによって、シャンプーの泡立ちがよくなり、また、髪と地肌の汚れをある程度洗い落とせます。
    お湯は38~40度ほどが適温です。
    なお、洗髪は塩素処理をしたお湯のほうが、髪にやさしく理想的です。

    ・便利アイテム「塩素処理シャワーヘッド」→http://urx.nu/epiX
    ※塩素処理シャワーヘッドは、今お使いのシャワーヘッドを取り替えるだけで、 髪や肌にやさしい塩素を除去したお湯が出るようになります。ヘッドを回すだけで簡単に取り付けができます。

    ③手で水気を切る
    予洗いをしたあとは、手のひらを合わせて、毛先の水を切ります。
    水気があるとシャンプーが流れてしまい、泡立ちが悪くなり、必要以上に髪をこすってしまい、傷みの原因になります。

    ④シャンプーする
    まずはシャンプーを手に取り、手のひらの上で泡立てます。
    泡立てないで原液を直接つけると、頭全体に行き渡らず洗い残しの原因となり、傷みや抜け毛の原因になります。

    ⑤泡を地肌からつけていく
    シャンプーで一番洗わないといけないのは頭皮です。
    頭皮をキレイに洗うことにより、健康な毛根になり、また頭皮の血行がよくなり、美しい髪が育ちます。
    ですから、泡立てたシャンプーは地肌に直接つけていきます。
    なお、頭皮がきちんと洗えていないと、皮脂がたまって毛穴をふさぎ、抜け毛や傷みの原因になります。

    ⑥頭皮をマッサージするように洗う
    洗い方は、頭皮をワシづかみにして、指の腹で円を描くようにマッサージします。
    マッサージすることにより、皮脂を浮かび上がらせ洗浄し、また頭皮の血行がよくなり、健康な髪が育ちます。

    ⑦最後はしっかりとすすぐ
    頭皮にシャワーヘッドを当てて、地肌からしっかりと流します。
    くれぐれもすすぎ残しが無いように念入りに流してください。
    すすぎ残しがあると、毛穴がつまり抜け毛や傷みの原因となります。
    また、トリートメントの乗りが悪くなります。

    ・こんな時は?
    汗をかいたりヘアケア剤が残っていたりして泡立ちが悪いときは、2度洗いをしてください。
    このとき、シャンプーを足して洗うのではなく、必ず1度よくすすいで洗い流してから、 2度洗いをしてください。洗い残しの原因になります。

■ 髪をキレイにするトリートメントの仕方

  • トリートメント剤は、自分に足りないものを補えるものを選ぶのがベストです。
    例えば、パーマやカラーをよくする人はグルタミン酸系のものを、 髪のうねりやボサボサ感が気になる人は、おさまりが良くなるヒアルロン酸系のものがおすすめです。

    ・お勧めのグルタミン酸系トリートメント→http://urx.nu/epj0

    ・お勧めのヒアルロン酸系トリートメント→http://urx.nu/epj6

    ●トリートメントのポイント

    シャンプーを流したあと、そのままトリートメント剤をつける方が多いと思いますが、ここで一手間かけて簡単にタオルでドライする(軽く拭く)ことがポイントです。
    ちょっとしたことですが、余分な水分を取り除きトリートメント剤がしっかりと髪になじむようになります。

    ●トリートメントの手順

    それでは次に、美しい髪にするためのトリートメント手順を説明します。

    ①シャンプー後の水気を十分に切る
    手のひらを合わせて、毛先の水を切ります。
    タオルでドライすると、さらによいでしょう。

    ②トリートメント剤を手に取る
    髪の長さにもよりますが、トリートメント剤の量は、ミディアムヘアでさくらんぼ大程度、ロングヘアの場合はその1.5倍程度を目安に手に取ってください。
    手にとったトリートメント剤は、髪に付けやすいように指の間にまんべんなく伸ばします。

    ③トリートメント剤を髪に塗布する
    トリートメント剤は髪の中間から毛先にかけて付けてください。
    特に毛先は傷みやすいので、手で揉み込むように十分に付けてください。
    付け方は、手グシを通すようにして毛先に向かって髪に馴染ませます。
    なお、トリートメント剤を頭皮に付けると、せっかく洗った毛穴が詰まってしまい、健康な発毛の妨げになりますので、 トリートメント剤は毛根には付けないように注意してください。

    ④トリートメント剤を髪全体に馴染ませる
    手グシをしてトリートメント剤を髪全体に行き渡らせていきます。
    また、手グシの代わりに目の粗いコームでとかすと、さらに良いでしょう。

    ・お薦めコームhttp://urx.nu/epiH

    ⑤時間を置くと効果的
    タオルを熱いお湯につけて絞り、蒸しタオルを作って髪を包みます。
    そして、湯船につかりながら10分程度時間を置くと、トリートメント剤の浸透力がグッと高まり効果的です。

    ⑥トリートメント剤をすすぐ
    すすぎは髪のヌルヌル感が取れ、しっとり感が残るくらいがベストです。
    あまり流し過ぎないようにするのがポイントです。

■ 髪をキレイにするドライヤーの仕方

  • ドライヤーは、美しい髪には欠かせないアイテムです。
    ドライヤーは一見、髪を傷めるイメージがあり、自然乾燥のほうがいいように思えますが、実は濡れた髪は傷みやすく、また雑菌が繁殖して、かゆみやニオイの原因になります。
    ですから、濡れた髪はすぐにドライヤーで乾かしましょう。

    ただし、やはり髪は熱に弱いので、オーバードライには十分に気をつけてください。
    ドライヤーの乾燥目安としては、7~8割程度乾かしたら、あとは自然乾燥で乾かすのがベストです。
    また、ドライヤーで乾かすときは「こぶしひとつ分」ほど離してあて、ブラシを使わないのが基本です。
    なぜなら、濡れてキューティクルが開いた髪をブラシですくと、傷みの原因になるからです。
    それと、ドライヤーは髪に優しい「マイナスイオン・ドライヤー」がお勧めです。

    ・お勧めマイナスイオン・ドライヤー→http://urx.nu/epje

    ●ドライヤーの手順
    それでは次に、美しい髪にするためのドライヤー手順を説明します。

    ①水気を切りタオルドライする
    トリートメントを流したら、手のひらを合わせて毛先の水を切り、乾いたタオルで頭皮からふき、毛先は両手をはさみ込むようにして拭いてください。
    ※タオルドライで水分をしっかり取っておくことで、ドライヤーで乾かす時間を短縮し、 髪へのダメージを減らします。ですから、タオルドライは十分に行ってください。

    ②ドライヤーで乾す
    ドライヤーは基本的に後ろから前へ、髪を流したい方向にあてます。
    ボリュームを抑えたいなら上から下へ、ボリュームを出したい部分は乾かし過ぎると傷むので、まず根元を乾かしてから、弱風で乾かします。
    ※ドライヤーは髪を傷めないために、乾かしすぎないように注意してください。
    ブラシを使わずに、こぶしひとつ分ほど離して乾かし、およそ7~8割程度乾いたら、あとは自然乾燥で乾かすといいでしょう。

■ 髪をキレイにするブローの仕方

  • 美しい髪を作るための最大のポイントは「ブロー」です。
    そもそも美しい髪のツヤというものは、光の反射で生まれます。
    つまり、髪の方向がキレイに整うことによって、キレイなツヤが生まれるというわけです。
    ドライヤーの段階では、髪の方向を一定に揃えることは難しいです。
    そこで、髪の毛1本1本のラインをブローで整えることにより、光が均一に反射して、美しいツヤが生まれます。
    根元からブラシでしっかりとブローすることで、髪のツヤが驚くほど出ます。
    ブローの際には、ブローローションなどをつけて髪を保護しながら、短時間で(5分以内に)終えるのがポイントです。
    時間をチェックしながら、なるべく手早く済ませてください。

    ・お薦めのブローローション→http://urx.nu/epji

    また、ブローのもうひとつのポイントが使用するブラシです。
    しっかり髪を掴んで毛の流れを整え、もっともツヤが出やすいのがロールブラシです。
    ミディアムからロングヘアでしたら、6~10cmくらいのものが適切です。

    ・お薦めロールブラシhttp://urx.nu/epjl

    ●ブローの手順
    それでは次に、美しい髪にするためのブロー手順を説明します。

    ①ブローローションを塗布する
    ダメージを軽減し、美しいカールを付けるためにブローローションを中間から毛先に塗布します。

    ②前方への毛流れを作る
    ロールブラシを使う前に、手グシで前方に向かって毛流れを作ります。
    こうしておくことで、次の段階のブローが簡単かつキレイに仕上がります。

    ③上下にブロッキングする
    サイドからバックの髪を上下に分けて、上半分はダッカールで固定します。

    ④下半分をブローする
    ロールブラシで下半分の毛束をブローします。
    ブラシを軽く回転させながら、毛先までカーブを描くようにすべらせるのがポイントです。

    ⑤上半分をブローする
    ダッカールを外し、残しておいた上半分を同様にブローします。
    スタイルや髪の量にもよりますが、分けてブローしたほうが仕上がりのクオリティはアップします。

    ⑥上下の毛束をまとめてブローする
    上下の髪を自然にブレンドさせるために、最後にまとめて軽くブローします。
    今回はストレートに仕上げますが、巻き髪を作る場合は、この段階までベースを整えておくとツヤも出て、 よりキレイに仕上げることができます。

    ⑦ツヤを出してカールをキープする
    斜め上からドライヤーを当てると、キューティクルが整い、よりツヤ感がアップします。
    毛先までしっかりとロールブラシで巻き込んで軽くカールを付けます。
    この時、冷風をあてるとカールが固まりキープ力もアップします。

    ⑧完成
    毛先にふんわりカールがついた、ナチュラルストレートの完成です。

    ●さらに
    手間はかかりますが、さらに髪にツヤを出したいという方には、ヘアーアイロンがお薦めです。
    ヘアーアイロンは、毛先を巻くだけでなく、ストレートのツヤを増すためにも最適なアイテムなので、ぜひ取り入れてみてください。
    手順は、ブローとほぼ同じ流れです。

■ お奨めサイト

  • ●傷んだ髪の毛を簡単に、しっとりツヤツヤヘアーにする方法
    【一部引用】
    この方法を実践していただければ、早い段階で髪の変化を体感できるはずです。
    その方法とは、「髪が健康に育つために必要な、 ある抗酸化物質を髪に浸透させることによって髪を美しくする」という手法です。
    そして、そのある抗酸化物質というのが、実はどこにでも売っている非常に身近にある、 あるものに含まれているということを私は発見しました。
    もしかしたら、それはあなたの家にも既にあるかもしれません。

    【感想】

    私も実際に試してみましたが、はっきり言って、この方法は使えます。
    特に、髪にあまりお金をかけたくないという方にはお奨めだと思います。
    それと、身近にあるもので簡単に施工ができるので、忙しくて髪のお手入れがおろそかになっている方にもいいかもしれません。 まさに「目からウロコ」です。
    ぜひ皆さんも試してみてください。

    傷んだ髪の毛を簡単に、しっとりツヤツヤヘアーにする方法

トップページへ
ジャグラー攻略 髪しっとり方法 カードでお金
  • 髪をキレイにする基礎知識 

このページの先頭へ